単独で受けられる検査

特殊検査

LOX-index®(ロックス・インデックス)

LOX-index

脳梗塞・心筋梗塞の発症リスク検査

採血のみで簡単に検査できます

 脳血管疾患・心疾患の年間死亡者数はがんと同水準。「4人に1人」が動脈硬化を一因とする疾患で亡くなっています。LOX-index®動脈硬化の進行から将来の脳梗塞・心筋梗塞の発症までを予測できる新しい血液検査です。

本当は怖い動脈硬化

 動脈硬化は自覚症状がないまま進行し、ある日突然脳梗塞や心筋梗塞を発症します。

動脈硬化
動脈硬化から発症する病気

LOX-index®でどうして将来リスクが分かるのか

 検査では血液中の酸化した超悪玉コレステロール[酸化変性LDL]と、それを血管の壁に取り込んで動脈硬化を進ませる[LOX-1]というタンパク質を測定します。

LOX-1を測定

動脈硬化の進行から将来の脳梗塞や心筋梗塞の発症危険度(リスク)を評価します。

このような方におすすめです

  • 肥満気味である
  • 高血圧、脂質異常症、糖尿病などの持病がある
  • 脂っこい食事や塩辛い食べ物をよく食べる
  • たばこを吸っている、もしくは吸っていた
  • 定期的な運動をしていない

よくあるご質問

検査に食事制限などはありますか?

制限はありません。食前や後に影響なく受診いただけます。

実際に脳梗塞なっているか分かりますか?

いいえ。実際に脳梗塞になっているかどうかを見ているのではなく、将来的に脳梗塞や心筋梗塞になりやすい状態にあるかどうかを調べるための検査です。

検査は一度だけ受ければよいの?

採血した時点の体質を見るものとなりますので、年に一度程度、健診や人間ドックに併せてのご受診をお勧めします。

検査結果が悪かった場合は?

検査レポートのアドバイスに従って生活習慣などの見直しを行うことをお勧め致します。必要に応じて血管の硬さやつまり具合を調べる検査の受診もお勧めします。

検査について

検査結果サンプル

検査費用:13,200円(税込)

※検査に関する注意点

  • 妊娠中は受診を控えてください。(妊娠中、出産後3ヶ月以内の方は検査数値が高く出る傾向があります。)
  • リウマチ、熱がある場合は、検査数値が高く出る可能性がございます。
  • 脂質異常症治療薬、抗血小板薬、降圧薬を服用されている方は、検査数値が低く出る可能性がございます。

単独検査

脳検査

クモ膜下出血の原因となる脳動脈瘤や脳血管の病変、脳卒中や認知症に深いかかわりのある脳動脈硬化や症状のない脳梗塞など、脳の病気の早期発見のための脳の精密チェックです。
脳神経外科専門医、放射線専門医、脳神経内科専門医の読影まで含んでおります

脳検査で脳卒中や認知症を予防

脳卒中とは『脳に卒然(そつぜん)して中(あた)る』という意味です。大きく分けて、『脳出血』と『脳梗塞』があります。

  • 脳出血:脳の血管が破れる、『クモ膜下出血』『脳内出血』
  • 脳梗塞:脳の血管がつまる

検査結果は後日書面にてご報告いたします

検査項目について

頭部MRI・MRA検査、頚動脈超音波検査、ABI(脈波図)

MRI

MRIとは、(Magnetic Resonance Imaging 磁気共鳴画像)のことで、脳のわずかな病変も見つけることができます。

MRI1
MRI2
MRA

MRAとは、(磁気共鳴血管撮影)のことで、脳の血管の異常(脳動脈瘤、脳動脈奇形、脳血管の狭窄・閉塞など)や頸部(首)の血管の異常(頸動脈血栓、動脈硬化の程度)を見つけることができます。

MRA1
MRA2

女性の方向けの検査

乳がん検査

マンモグラフィ検査と乳腺エコー検査
いずれも長所と短所があります。40歳以上の方は、一度はマンモグラフィ検査を受けましょう。40歳未満の方は、乳腺組織の影響(高濃度乳腺)でマンモグラフィ検査では見えにくいことがありますので、一度はエコー検査を受けましょう。
どちらを選んでいいか分からない場合は、検査前に医師にご相談ください。

乳がん検査を受ける方へ
  • 医師による視触診はありません。技師が問診票の記載を確認し、検査となります。
  • 技師は症状や所見などに対してお答えすることが出来ません。検査中のご質問等はご遠慮ください。
  • 自覚症状がある方は、まずは乳腺専門医を受診されることをお勧めします。医師による問診をご希望される方は、検査前に受付、もしくは看護師にお声かけください。
    (技師が問診を必要と判断した場合は、検査前に医師による問診がございます)
  • 乳腺エコー検査を受ける方で、断乳後1年未満の場合は、技師にお伝えください。

以下に該当する方は
当センターでのマンモグラフィ検査は受けることができません

乳腺エコー検査は受けることができる場合がありますのでご連絡ください
(当日は変更できません。必ず事前にお問い合わせください。)

  • 妊娠の可能性がある
  • 妊娠中
  • 授乳中
  • 豊胸術後
  • 現在乳がんあるいは乳腺疾患で治療中または通院中の方(先に主治医にご相談ください)
  • ペースメーカー
  • 埋め込み型除細動器
  • 脳シャントチューブ
  • CVポート
  • 埋め込み型栄養チューブ

乳がんのセルフチェック

月に一度、生理が終わって4〜7日後に行いましょう。
閉経後は、毎月の検診日を決めて行いましょう。

STEP
鏡の前でチェック
  • 両腕の力を抜いて自然な状態でチェック
  • 両腕をあげて、普段の乳房と変化が無いかをチェック
  • 手を腰に当てて、やや前かがみの姿勢で変化がないかをチェック
チェックポイント
  • 左右の乳房の形や大きさ、色に変化はないですか?
  • 皮膚にひきつれや、へこみはないですか?
  • 乳頭が陥没したり、ただれたりしていませんか?
STEP
触ってチェック

腕を上げて、3本の指(人差し指・中指・薬指)の腹でしこりがないかチェック。力を入れ過ぎないように気を付けましょう。

右から左へゆっくり滑らせるように。
外から内側の乳頭に向かって、円を描くように。

左右とも同じようにチェックしましょう。

STEP
分泌物のチェック

乳頭から分泌物が出ていないか、乳頭を軽くつまんでチェック。

血が混ざっていたり、透明な液が出る場合は、検査を受けましょう。

STEP
脇の下をチェック

乳がんは進行すると脇のリンパ節に転移すると言われていますので、しこりがないかチェックします。

STEP
横になってチェック

仰向けに寝て、タオルを背中に敷いて、腕を頭の上に置いた状態でまんべんなくチェック。

乳房の下も触れましょう。

その他

  • 子宮頸がん検査